トップページ紫外線の影響

紫外線の影響

人間の肌にとって紫外線が有害であることがわかると思います。紫外線はなかなか大変なものです。紫外線は目には見えないものです。しかし有害な成分がありますので正確な理解をすることが肝心です。このページでは紫外線の影響について説明します。紫外線の影響はかなりありますので理解をしてほしいと思います。まずは紫外線にはどのような影響があるのでしょうか。人間の肌に紫外線が当たると刺激になります。この刺激は肌のなかで化学的な反応を引き起こします。肌のなかでは紫外線によってやけどのような状態になります。やけどのような状態をつくりますので肌には大きなダメージになります。肌のなかでは細胞がたくさんあります。毎日大量の細胞が生まれ変わります。しかし紫外線の影響によって細胞が死滅する場合があります。細胞が新しく再生することができなくなりますのでその部分の細胞は困ったことになります。このような内容が紫外線の影響になります。紫外線は細胞の再生を壊す働きがありますので危険だと思います。若いうちは新陳代謝の働きが活発ですので細胞の再生力も大きいです。だから若いうちは紫外線への防御力が強いといえます。若いころは日焼けをしても何とかなる場合が多いです。しかし20代を過ぎると肌の防御力が弱まります。紫外線を受けた場合の再生能力がなかなかなくなります。だから20代になるとUVカットをしっかりと行うことが大切になるのですね。わたしも20代ころから肌の状態が悪くなりました。紫外線を受けてもなかなか日焼けが治りませんでした。このように人間の肌の状態は年齢によって大きく変化します。しっかりと紫外線の影響を知っておくことが大切ですね。紫外線によって刺激を受けた部分はシミになることがあります。肌の細胞が壊れてしまっているのでその部分がシミになります。シミになるとなかなか治りません。ビタミンCなどを摂取することでシミを緩和する方法もありますが根本的な治療方法ではありません。まずは紫外線の影響を減少させることが大切ですね。シミはまだ軽い症状です。このシミの悪化パターンが皮膚がんです。紫外線は最悪の場合には皮膚がんを引き起こします。皮膚がんは皮膚にできる悪性の腫瘍です。皮膚がんは細胞の突然変異によるものです。紫外線による肌への刺激が細胞の突然変異を引き起こします。若いうちは細胞の再生力が高いですので心配は少ないです。しかし年齢とともに細胞の再生能力が減少しますので紫外線への耐性が弱まります。だから年齢とともに紫外線対策やUVカットの対策をすることが重要です。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR