トップページUVカットの方法フィルターで防ぐ

フィルターで防ぐ

わたしたちの肌を有害な紫外線から守る方法はたくさんあります。このサイトでは4つのUVカット対策の方法を紹介します。4つの方法とは日焼け止めを使う方法、UVカット衣服を着る方法、UVカットガラスの方法、UVカットフィルターの方法です。これらの方法をうまく組み合わせることによって効果の高い方法でUVカットができると思います。みなさんの家庭ではどのようなUV対策をしていますか。多くの場合は肌に日焼け止めを塗る方法だと思います。しかし家庭のなかで日焼け止めを使う人は少ないかもしれません。外出するときにはもちろん日焼け止めを塗ります。ただ家庭内で日焼け止めを塗る人はいないと思います。家庭内は安全だと思いがちですがそうではありません。窓からはガラスを通して紫外線がやってきます。紫外線はガラスを通ってやってきます。だから家庭内でも窓のそばにいると肌に紫外線を受けることになります。夏の期間では窓を通して紫外線を受けてしまいます。そのため家庭内でも日焼けをすることになります。紫外線を防ぐためには窓の対策をすることも重要です。なかなか大変なことだと思いますので対策をすることが肝心です。窓への対策をする場合にはUVカットガラスを利用することが大切です。新築時にはUVカットガラスを利用することが重要です。かんたんに設置できますので新築のときに設置することがよいと思います。新築のときにUVカットガラスを設置すると便利です。しかし家を建てたあとにUVカットガラスを設置することはなかなか大変なことです。UVカットガラスは効果が高いのですが費用もかかりますし設置も少し面倒な場合があります。素人では設置が難しいかもしれませんので専門のスタッフに依頼することになります。UVカットガラスを設置したくてもなかなか捗らない場合も多いかと思います。そのような場合にはかんたんなUVカット対策があります。ここではUVカットフィルターの紹介をします。UVカットフィルターは既存の窓に貼り付けるタイプのフィルターです。あとからUVカットフィルターを貼り付けることになりますのでかんたんです。UVカットフィルターはホームセンターなどでかんたんに購入できます。UVカットフィルターは素人でも設置することができます。UVカットフィルターを既存の窓の上で貼り付けるだけです。空気がなかに入らないように注意をすることが肝心です。空気が入った場合には見栄えが悪くなります。また、そこからUVカットフィルターが劣化するきっかけになりますので注意をしましょう。なかなか貼り付けることができない場合は少し練習をしましょう。あまり急いで貼らなくても大丈夫です。ゆっくりと丁寧に貼ることがUVカットフィルターのコツです。UVカットフィルターの価格ですがあまり高くありません。1枚の窓のサイズで2000円程度から購入できます。高価なUVカットフィルターではUVカットの機能が高いものが多いです。いっぽうで安いUVカットフィルターではUVカット機能が低い場合があります。UVカットフィルターのパッケージには紫外線を何パーセントカットできるか表示されています。このような表記を確認しましょう。また、赤外線をカットできるUVカットフィルターもあります。夏場は家があつくなります。赤外線をカットできると室内の温度を下げる効果にもなりますので夏場の室温対策にもなります。しっかりと確認をしましょう。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR