トップページUVカットの方法日焼け止めで防ぐ

日焼け止めで防ぐ

紫外線にはいろいろな種類があります。紫外線はUVといいます。UVのなかには波長によってUVA、UVB、UVCに分類できます。このうちUVCは地上にまで届きません。地球のまわりの層によって吸収されますのでUVCを気にする必要はありません。UVC以外の紫外線が人間の肌に悪い影響を及ぼします。UVAとUVBをメインにして対策することになります。日焼け止めを利用する場合にはUVAとUVBに関する知識をしっかりと持っておきましょう。UVAとUVBには区別がありますので化粧品の購入をする場合には理解をしておくことが肝心です。そこでこのページでは日焼け止めを使うUVカット方法を紹介します。UVカットの方法は理解をしっかりと行うことが重要です。紫外線の対策にはUVカット化粧品を利用してください。まずはUVAとUVBの区別をしましょう。UVAとUVBは波長が異なります。光には波長とよばれる動きがあります。波長の違いによって光の届きかたが違います。日焼け止めを購入する場合にはUVAに対するものとUVBに対するものが違います。UVAの場合にはPAとよばれるものを購入しましょう。UVBの場合にはSPFとよばれるものを購入しましょう。日焼け止めを購入する場合にはパッケージのPAやSPFの文字を確認してください。PAの表記しかない場合にはUVBに対する効果はありません。いっぽうでSPFの表記しかない場合にはUVAに対する効果はありません。両方の紫外線を防ぐ場合にはPAとSPFの表記があるものを選んでください。むかしはSPFの表記しかないものが多くありましや。しかし最近ではUVカットの理解が進んできましたので両方の表記をもっている日焼け止めがほとんどになりました。安心して日焼け止めを購入することができますよね。しかし万が一の場合に備えて、購入する場合にはPAやSPFの表記をまずは確認してください。せっかく購入するのですからUVカットの効果がきちんとあるものを購入したいですね。まずは表記を確認することが日焼け止め選びのコツです。PAやSPFについてよくわからない場合はドラッグストアや化粧品店でスタッフに確認しまししょう。専門のスタッフがいると思いますので安心して購入できます。迷った場合には購入の相談をするのもよいと思います。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR