トップページUVカットの効果温度上昇をおさえる効果

温度上昇をおさえる効果

UVカットには多くの効果があります。UVカットの対策をすると日焼け止めの効果、温度上昇を防ぎ効果、皮膚の病気を防ぐ効果などがあります。このような効果を理解するとUVカットのメリットがよくわかります。みなさんもUVカットの理解をしてほしいと思います。最近では紫外線に関する情報もたくさんありますのでサイトなどで勉強をしてほしいと思います。このページではUVカットによる温度上昇を下げる効果を説明します。温度上昇を下げることがUVカットの副効果です。UVカットにはいろいろな効果がありますのでしっかり理解をしてください。窓を通して太陽光が入ると室温が高くなります。夏には締め切った部屋の場合には大変温度が上昇します。太陽光には紫外線や赤外線などの光があります。紫外線は有害な効果があります。しかし紫外線には温度上昇の効果はありません。いっぽうで赤外線は有害ではありませんが温度上昇をもたらす効果があります。赤外線を防止することが温度上昇を防ぐための方法です。UVカットの方法のなかにはUVカットのフィルターやUVカットガラスなどがあります。このようなUVカット方法のなかでは紫外線のほかに赤外線も防ぐことができるものがあります。紫外線だけはなくて赤外線も防止できるガラスなどでは温度上昇を防ぐことができます。これはうれしいことですね。夏場では室温が大変上昇します。温度があがると生活がしにくくなります。このような状況は大変なことになります。電気代がかさむことにもなります。エアコンをフル稼働することになりますので電気代がかかりますね。最近ではUVカットにくわえて赤外線をカットするものもあります。こうした製品では室温を1度から2度下げる効果をもっているものがあります。たったの1度や2度ですが体感温度はかなり変わります。エアコンの使用量も下がって、電気代も減少します。家計にとってもうれしい効果がありますのでUVカットの副効果だと思います。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR