トップページ紫外線のおそろしさ

紫外線のおそろしさ

紫外線が人間の肌にあたると悪影響が発生します。多くの場合で何らかのトラブルが発生する原因になります。できるだけ紫外線を防御することがUVカットの基本になります。みなさんは紫外線の有害さをどこまで知っていますか。このサイトを読んで紫外線に関する情報を勉強している人は多くの情報を入手していると思います。さてここで紫外線の怖さについてまとめておきます。紫外線には多くの有害な影響を人間の肌に与えます。肌を健康に保つためにはできるだけ紫外線の影響を避けてください。紫外線をカットする方法としてUVカットの対策があります。有害な紫外線から肌を防御するためにはまずはUVカット対策をしてください。それではここから紫外線の怖さについて紹介します。紫外線の怖さにはいろいろなパターンがあります。紫外線が肌にあたると、肌にシミができる、肌が乾燥するきっかけになる、皮膚がんの原因になるなどの怖さがあります。皮膚のトラブルはなかなか治らないことが特徴です。ふつうの病気の場合は治療によって良くなります。しかし皮膚の損傷の場合には細胞のレベルで傷つきますので治療が困難です。紫外線が皮膚の細胞に刺激を与えると細胞が損傷します。このときなかなか細胞の再生能力が機能しない場合には皮膚のトラブルになります。皮膚のなかは目には見えない部分です。この部分が損傷を受けると大変な問題になってしまいます。だからできるだけ紫外線を避けることが必要になるのです。わたしも最近では紫外線からの影響を避けるための対策をしています。なかなか外出中は紫外線対策が難しいです。そのためUVカットの衣服や帽子を利用しています。このような製品を利用すると紫外線を有効にカットできます。紫外線の怖さはこうした製品を利用しないとどんどん皮膚に刺激が貯まっていく点にあります。紫外線の影響は皮膚のなかにどんどん貯まりますので大変です。若いうちは大丈夫でも年をとってから紫外線の影響が出できます。たとえば若いうちにたくさん紫外線を浴びてしまうと、年をとってから皮膚のシミになる場合があります。シミはできてしまうとなかなか消せません。シミは一度できるともうなくならないと考えておいてください。つまりシミは予防することが肝心の対策になります。これは紫外線の怖さだといえます。時間が経ってから紫外線は影響をスタートさせることがあります。シミの問題はこうした内容の一例です。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR