トップページ紫外線のおそろしさ皮膚がんを引き起こす

皮膚がんを引き起こす

皮膚に紫外線を受けた場合には多くの問題が生まれます。皮膚に紫外線が当たると細胞に刺激が加わります。そのため細胞が紫外線によって傷つきます。これによって様々な皮膚のトラブルが発生します。このページでは紫外線による皮膚の病気の危険性を紹介します。皮膚に紫外線があたると皮膚がんなどの病気が生まれる場合があります。皮膚がんが怖い病気です。皮膚がんになると大規模な手術をする場合がありますので注意が必要です。まずは皮膚がんの危険性を理解してください。皮膚がんとは悪性の腫瘍です。腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。良性の腫瘍は増殖しないので放置しておいても大きな問題はありません。美容上の問題がある場合には良性の腫瘍を摘出するケースがありますが放置しておいても問題がない場合が多いです。しかし悪性の腫瘍は違います。悪性腫瘍は増殖しますので速やかな発見と摘出が肝心になります。悪性腫瘍の場合には放置しておくとどんどん広がっていきます。違う場所にも悪性腫瘍が転移しますので危険性が高い病気です。悪性腫瘍が脳などの器官に及んでしまうと命の危険になります。この場合は悪性腫瘍を徹底的に摘出する必要があります。皮膚がんとは悪性腫瘍の一種です。そのため皮膚がんは発見が遅れると転移する危険があります。だから皮膚がんは放置できません。しっかりと発見して摘出することが必要になります。紫外線の怖さは皮膚がんを発生させる危険性がある点です。紫外線は細胞に傷をつけます。このとき細胞が突然変異を起こす場合があります。通常の場合は細胞は正常に再生します。しかし紫外線による刺激を受けると細胞の再生パターンに異常を起こす場合があります。こうして細胞の突然変異が発生してしまい、皮膚がんにつながる場合が増えるのです。このように皮膚がんは怖い病気ですので紫外線をカットすることが大切です。紫外線を避けるためにUVカットの対策をしっかりとすることが重要です。みなさんもUVカットの重要性を理解したうえで対策をしてみましょう。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR