トップページUVカットの歴史について

UVカットの歴史について

現在の社会では紫外線の有害さがよく理解されるようになりました。紫外線は皮膚に大きなダメージを与えますのでできるだけ紫外線をカットすることが重要です。紫外線を肌にあたることを防ぐ対策をUVカットといいます。UVとは紫外線のことです。つまりUVカットとは紫外線を防ぐことなのですね。UVカットには長い歴史があります。このページではUVカットの歴史を勉強してください。UVカットの歴史を理解すると紫外線対策に興味が出るかもしれません。むかしは紫外線の影響についてよく知られていませんでした。西洋の社会なのでは日光が出る時間が少なかったので太陽光が大切なものとして理解されていました。しかし太陽の光に関する研究が進んだことで紫外線や赤外線のことがよく理解されることになりました。とくに紫外線の有害性が社会で認識されるようになりました。白人の場合は遺伝的に紫外線への耐性が弱いです。そのため白人が多い西洋の社会ではとくに紫外線への対策が発展しました。太陽光のなかで紫外線が皮膚に対して悪影響を与えることがわかりましたので西洋社会でのUVカットの歴史がスタートしました。当初は大きな日よけ帽子などが開発されました。大きなツバをもっている帽子の場合は顔が日陰になりますので紫外線の影響を減少できました。このような帽子を利用して紫外線から顔や皮膚を守ることになりました。現在でも帽子は有効な紫外線対策です。その後、科学の発展によって日焼け止めや光の波長がよく理解されるようになり、紫外線対策が発展しました。日本でのUVカットの歴史は美白への関心から始まりました。美白への関心が向上したことによってUVカットの対策が広まっていきました。現在では美白だけではなく、肌への健康の問題からもUVカットが追求されています。やはり肌はきれいなほうがよいですね。長く健康な肌でいるためにはこまめにUVカットの対策をがんばりましょう。だんだんと効果がでますのでUVカットをしっかりとしていきましょう。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR