トップページ太陽光のしくみ

太陽光のしくみ

紫外線の根本は太陽の光です。UVカットの対策には太陽の光がまずは関係します。そこでこのページでは太陽の光についての理解をしてください。太陽の光に関する情報をしっかりと確認をしてください。まずは太陽光の基本を説明します。太陽は化学反応によって光を発しています。太陽の主成分は水素です。この水素の反応によって大量の電波が放出されます。水素は太陽のなかで核融合という反応をしています。核融合の反応は大量の電波を放出します。このときにガンマ線という電波は発します。ガンマ線や太陽のまわりのガス層でさらなる反応を起こします。この反応のなかでエックス線などに変化します。エックス線などがのちには太陽光になります。太陽光の根源は太陽の化学反応によるものです。太陽の光は悪いことだけではありません。地球上のすべての生物の根源は太陽の光なのです。太陽の光のエネルギーは莫大です。このような莫大なエネルギーを利用して生命になります。地球上の生命は太陽の光がなくてはなんともなりません。むかし地球には恐竜がいました。恐竜が地球上にはいました。しかし恐竜は絶滅したようです。なぜなら地球が氷河期になったからだそうです。氷河期には地球上に厚い雲があります。この厚い雲によって地面には太陽の光が届かなくなります。こうして恐竜が絶滅したのですね。このような話から太陽の光が大切であることがわかります。太陽の光は植物を育てるためのものでもあります。米などの主食も太陽の光がなくては育ちません。こうして太陽の光が一番の効果があります。しかし太陽の光には有害な成分もあります。生物のなかには紫外線の有害さを吸収することがあります。昆虫のなかには紫外線をガードできるものがいます。しかし人間は紫外線を吸収できません。かつては皮膚が毛で覆われていました。ただ、人間の皮膚には毛がありません。このような無防備な肌では紫外線が当たります。紫外線は太陽の光のなかでも有害な成分ですので人間には大変です。このような内容が太陽の光に関する情報ですので理解をしてください。

UVカットの基礎知識TOPに戻る

Menu

PR